So-net無料ブログ作成
女性向けセックス観光 映画 パラダイス:ラブ ブログトップ

女性向けセックス観光 映画 パラダイス:ラブ [女性向けセックス観光 映画 パラダイス:ラブ]

第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション作品で、オーストリア、ドイツ、フランス製作による衝撃作『パラダイス:ラブ(英題) / PARADISE: Love』が公式上映された。

ケニアを舞台に「ヨーロッパの女性向けセックス観光」がテーマとなる本作。
最近のアフリカ諸国の高い存在感、またヨーロッパにより近く、実際に“シュガーママ”(富裕女性)がアフリカのリゾート地に多く存在することを知って、ケニアを舞台にしようと決めたらしい。

そんなシュガーママの一人を演じているインゲ・マックスは「この映画に関わることになってから、ある一人のヨーロッパ女性に実際の話を聞いた。

彼女から、夫を亡くしたばかりのときにアフリカで“ビーチボーイ”(リゾート地の情夫)に出会い、悲しみを癒やしてもらったという経験談を聞いて、この映画のテーマに対し、リアリティーを感じながら演じられるようになった」と告白している。
ヨーロッパとアフリカの裏の関係性をはっきりと描いた本作は、ショーレース前半戦のダークホースとして注目されている作品のひとつだ。

参考図書



トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
女性向けセックス観光 映画 パラダイス:ラブ ブログトップ
広告スペース
Copyright © 由紀の気になる芸能ニュース All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。